毎月の携帯電話料金を劇的に下げる方法

このレポートでは誰でも毎月に必ずかかる
生活コストの中であるひとつのコストを
劇的に下げる方法をお伝え致します!
気になる「あるひとつのコスト」とは
ズバリ!!!「 携帯電話の料金」の事です!
それでは早速行ってみましょう〜〜〜〜〜!!!!!
まず携帯電話のメーカーをソフトバンクにしましょう!
そして今流行している「スマートフォン」を避けて
「スマートフォン以外の機種」を選びましょう!
ここが重要なのですが、私のリサーチ結果では
ソフトバンクのショップにて契約している方が多いですが、
家電量販店のソフトバンク携帯コーナーで契約しましょう!
何故かと言いますと、家電量販店では週末などに
キャンペーンをやっていて、新規契約0円などや
低価格な契約ができるからです!
ソフトバンクでは「新スーパーボーナス(割賦販売制度)」という

素晴らしいプランがあります!
詳しくはソフトバンクのホームページを参照してください。

 

 

毎月の携帯電話料金を劇的に下げる方法

例えば家電量販店で

例えば家電量販店で新規0円で新スーパーボーナスを適用している
機種を選んで契約すると初期費用0円でなんと「24ヶ月」の間
980円の無料通話分が割引されます!
しかも基本料金も12ヶ月無料なのです!
最初の契約時にはソフトバンクの決まり事で
「Wホワイトプラン」や「パケ放題」など数々のいろんなオプションに
強制的に加入されます。
しかし安心してください!これらのプラン料金は使用1ヶ月後からの
請求になりますので、契約した数日後にソフトバンクに電話して
「ホワイトプラン」と「S!ベーシックパック」のみにして
それら以外のオプションをすべて外すようにしてください!
もしこの二つ以外に必らず加入しないといけないオプションが
ありましたら加入してください。
いづれにしても、たいした金額ではないと思いますので。
オプションをほどんど外しているので
注意すべき点がいくつかございます。

まず相手がソフトバンク以外の方との「長電話」を避けてください。
ソフトバンク以外の方との用件はなるべくメールで済ませて下さい。
オプションを外しているので通常よりも通話料金が割高な為です。
※初期費用についてですが、新規契約時に事務手数料3,150円ほどはかかります。これはどのメーカーでも一緒です。

 

毎月の携帯電話料金を劇的に下げる方法

そして次に

そして次に携帯カメラで撮影して相手に送る「写メール」を
避けてください。何故かと言いますとパケ放題のプランに
加入していない為、画像や動画を送るとかなり高額なパケ代が
加算されてしまうからです。
最近の携帯カメラは高解像度の機種が多い為、
1件の送信で500円くらいかかってします事もあります。
そして携帯電話で「インターネット」を使用しないでください。
こちらも高額なパケ代がかかってしまいます。
以上の注意点をきちんと守れば現在使用している
携帯電話料金より大幅にコスト削減ができると思います!
さらにソフトバンクには他社にはない究極の必殺技があります!

 

毎月の携帯電話料金を劇的に下げる方法

それはどこからのメール受信でも無料にする裏技があるからです!

その方法とは他社の携帯でメールを受信すると
自動受信設定しかないので、自動的に全文が表示されて
1通の受信につきパケ代が発生します。
しかしソフトバンクには契約時こそ「自動受信設定」に
なっておりますがこれを「手動受信設定」に変更できます。
ソフトバンク携帯の手動メール受信では、
「宛先・件名・本文(全角50文字相当))を受信通知として
お知らせします」という特徴があります。
つまり、「全角50文字相当を見るだけなら、無料」という訳です。
全角50文字以上のメールを受信した場合、
「続きあり」という項目があり、受信しなければ続きを見れないです。
そこで行う必殺技が
1.メールを開いて、
 【メニュー】→【転送】→【サーバーメール転送】と進む。
2.あて先に、アドレス帳から自分の携帯電話番号を選んで、送信する。
3.先程、自分で自分宛に転送したメールがすぐに届く。

4.メールの全文が添付ファイルとして届くので、
 添付ファイル開いて内容を確認する。
手順として少し面倒なように思えますが、慣れると簡単です♪
ほとんどのソフトバンクユーザーがこの必殺技を知りません(笑)
是非実行してください!
以上の事を実践すると劇的に毎月の携帯電話料金が下がります!
私の場合は以前docomoを使用していて1人分の料金で
毎月約7,000〜10,000円は余裕でかかっていました。
それが今では嫁と二人で2,000円以内になっております。
さらにもうひとつの必殺技ですが
ソフトバンクが不定期で行う「学割キャンペーン」を
子供名義で契約してそれを親が使用すれば
3年間「基本料金無料」で使用する事ができます!
しかも新スーパーボーナス(割賦販売制度)の
24ヶ月「980円の通話料金割引」が適用されている期間と
初回の12ヶ月無料期間が重なっている期間は

信じられないと思いますがこのような金額でした。

 

毎月の携帯電話料金を劇的に下げる方法

ひと月「16円」×12ヶ月=年間192円

しかも私と嫁の二人分の金額です!
docomo時代の8,000円×12ヶ月×嫁と二人分=96,000円を
考えれば96,000円ー192円=95,808円も得した計算になります!
このレポートの方法を実践するだけで計り知れない程の
コスト削減ができる事は理解して頂けましたでしょうか?
証拠画像として私と嫁の二人分の請求金額の一部をお見せします。
毎月の携帯電話料金を劇的に下げる方法
レポートは以上になります。
不況が続き先が見えにくい日本ではありますが、
こういう生活コストを削減して
浮いたお金で旅行やお買い物をすれば
きっと楽しい毎日が送れると思いますので
頑張って実行してみてください!
少し面倒な事でも実行する事が大事です。
この努力が年間単位でみると、とんでもない金額で

結果として帰ってきます。
その時の喜びは忘れられない事になるでしょう♪

PRサイト